» 2015 » 11月のブログ記事

脱毛の種類について

| 未分類 |

脱毛の方法には、大きく分けて、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛、ニードル脱毛があります。
医療クリニックではレーザー脱毛、脱毛エステや脱毛専門サロンではニードル脱毛とフラッシュ脱毛が行われています。
足を運ぶをなるべく少なくしたい場合は、医療クリニックでのレーザー脱毛がおすすめです。
医療クリニックでのレーザー脱毛であれば、医療サポートも受けられますし、医師が施術するので、安全で確実だと思います。
施術前に医師がの診断や問診をするので、万が一トラブルが起きた場合でも安心でしょう。
また、ローコストで脱毛をしたい場合は、エステや脱毛専門サロンのフラッシュ脱毛がおススメだと思います。
クリニックでもエステ専門店のどちらでも言えることですが、事前にカウンセリングを受けることをお勧めします。
カウンセリングにおいては、それぞれの特質や使用する脱毛器、アフターフォローなどに関する説明があります。
また、どんな脱毛を希望しているかで、どちらの脱毛を選ぶのかを決定するのも良いでしょう。

光脱毛の仕組み

| 未分類 |

光脱毛は黒いものに反応する特殊な光を照射することで脱毛する施術方法です。
この光はインテンスパルスライトと呼ばれており、黒いものだけに反応するため、肌へのダメージが軽減できます。
気になる施術時の痛みですが、瞬発的な照射ですし、出力がさほど強く無いので、大きな痛みはありません。
ただ、レーザー脱毛については、やはり多少の痛みがあると考えておいたほうが良いでしょう。
脱毛は一回施術しただけでは、期待する効果は得られません。
効果には個人差がありますが、キレイになったという実感出来るのは6回ほどの施術回数が必要になるようです。
レーザー脱毛と光だつもうの費用面の比較ですが、施術する部分やコースによっても変わってきます、光脱毛の方がお値打ちです。
同様のコースで比べた場合、光脱毛の1回あたりの施術代金はレーザー脱毛の半額程度で済みます。
また、光脱毛は脱毛エステやサロンで施術が行われているため、お店が多数あることで、価格競争があります。
そのため、脱毛する部位によってはビックリするほど安価なお試しコースが受けられます。

子供のムダ毛が多いとお悩みの親御さんは、是非ムダ毛処理をしてあげましょう。
この場合に注意しておくべき点は、お子さんですので、大人と同じように考えるべきではないということです。
お子さんの肌はまだまだ弱いですし、無理やりムダ毛処理をしてしまうと傷が残ってしまうかもしれません。
また、脱毛方法が手間ひまかかるようであれば継続が難しいため、あまりお勧めは出来ません。
脱毛にはカミソリで剃るのがお手軽ですので、つい使用しがちですが、それを続けると肌へのダメージが重なります。
その結果、黒ずみやブツブツなど出来てしまうこともあります。
脱毛や除毛クリームですと、肌に合わないかと考えてしまいますし、脱毛器は使用方法を間違って怪我でもしたら大変です。
そこで、お子さんのことを考えるとプロの手に任せられる脱毛サロンがおススメだと思います。
通うのは手間ですが、脱毛サロンなら、今後のお手入れが不要になるのも大きな利点であると言えます。

埋没毛は、無理に毛を抜いて、行き場を無くした毛が皮膚の下で埋まってしまう毛のことを言います。
この埋没毛を取り出すには、皮膚を切って、中の毛を引っ張り出す方法以外ありません。
埋没毛を避けるには、自己処理の際に、事前に肌を温めて毛穴を開くことが必要です。
カミソリを使って処理する場合は石鹸を付けて、毛流に沿って剃るようにしましょう。
このような処理が手間だという方は、永久脱毛に通うのが良いでしょう。
医療機関で行われている永久脱毛であれば、今のお肌の状態を診察してもらった後に適切な処理方法で処理してくれます。
また、医師がいれば、パワーが強い脱毛機器を使用し、脱毛することが可能ですので、少ない回数で終えられるメリットも受けられます。
夏は埋没毛や黒ズミが起きやすい時期ですので、正しいケアで、美しい肌作りをしましょう。