» 2018 » 7月のブログ記事

男性特有の頻尿の原因の中でも、前立腺肥大症は60代で半数以上の男性がかかっているとされています。
前立腺肥大症を治療するためには最適な泌尿器科を受診してください。
前立腺肥大症の場合、尿や下半身に違和感が出るため、すぐに泌尿器の病気だと気づきやすです。
そのため、最初から泌尿器科での受診を考えるのが早いと思います。
この頻尿を根本的に解決するためには、病気そのものを治療することが重要となります。
前立腺肥大症の治療は、「薬による治療」と「手術」に大分されます。
薬は、交感神経に働きかける「α1受容体遮断薬」と呼ばれるものがあり、神経の緊張をほぐす作用があります。
緊張がほぐれると、前立腺は尿道の圧迫に使用していた力を弱めるようになり、頻尿が改善されていきます。
飲み始めて1週間程度で効果が現れると言われています。
「PDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬」も症状の改善を期待できます。
この薬は前立腺の筋肉を緩める作用で、排尿困難を緩和する効果があります。

ノコギリヤシ サプリ 比較